MacFeeling Blog

マックな感じ …

WEX-733D運用編:なぜか隅っこが...

公開 : | 0件のコメント

この記事は最終更新日から 約3年が経過しているので情報が古い可能性があります。

バッファローの無線LAN中継機 WEX-733D運用編。

2階に親機、1階に無線LAN中継機

まずは、コードリール式の延長コードを使って、部屋の色々な所に置いてみるも、ランプはゆっくり点滅

5GHzまたは2.4GHzランプの状態

点灯
親機との通信状態は良好です。

ゆっくり点滅
親機との通信は可能な状態ですが、通信状態の良い場所に設置すると、より安定します。

見た感じ一番電波が届きにくそうな、上には棚がせり出していて、電子レンジがある部屋の隅っこに置くと、まさかの点灯 :surprised_wp:

wex733d12

電波のご機嫌さっぱり分かりません。

電波強度がどの程度なのかを「ワイヤレス診断」で確認してみることに

オプションキーを押しながらメニューバーのWi-Fiのアイコン(表示されていない場合は、システム環境設定 » ネットワーク » Wi-Fiで「メニューバーに Wi-Fi の状況を表示」にチェックを入れる)をクリックして、「”ワイヤレス診断”を開く...」を選択

wifi01

管理者パスワードを要求されるので、入力して「OK」ボタンをクリック

10.10の場合は
「ウインドウ」メニューから「スキャン」を選択。
「スキャン」ウィンドウで「今すぐスキャン」ボタンをクリック

10.8の場合は
「ウインドウ」メニューから「ユーティリティ」を選択して「ユーティリティ」ウィンドウを開きます。
上の「Wi-Fiスキャン」アイコンをクリックして、「今すぐスキャン」ボタンをクリック

2階親機の側で計測 (Mac mini) RSSI:-41
wex733d13

1階部屋の隅っこで計測 (MacBook Air) RSSI:-44
00が親機、ccが中継機のWEX-733D (親機の電波は2.4GHzの方が良い感じ)
wex733d14

Wi-Fiの電波が弱い? Macには診断ツールを標準搭載しております | ライフハッカー[日本版]のページによると、

シグナル(RSSI?)の数値は、数値が大きい程良好(マイナス表示なので、「-60」の方が「-80」よりも良好)

ノイズの数値は、数値は低いほうが良好(マイナス表示なので、ノイズレベル「-94」の方が「-90」よりもノイズが少なくて良好なネットワーク状態)

今のところ、こんな感じです。
[amazonjs asin="B00MVRT33K" locale="JP" title="BUFFALO 無線LAN中継機 エアステーション 11ac/n/a/g/b 433+300Mbps WEX-733D"]

コメントを残す

必須欄は * がついています



LMB^Box Smileys 3.2 for WordPress

WordPress Smileys

:smile_wp: :biggrin_wp: :sad_wp: :surprised_wp: :eek_wp: :confused_wp: :cool_wp: :lol_wp: :mad_wp: :razz_wp: :redface_wp: :cry_wp: :evil_wp: :twisted_wp: :rolleyes_wp: :wink_wp: :exclaim_wp: :question_wp: :idea_wp: :arrow_wp: :neutral_wp: :mrgreen_wp:

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)