MacFeeling Blog

マックな感じ …

Windows 10でApple純正キーボード。 Microsoft IME & Google日本語入力でのコマンド+スペース切り替え

公開 : | 0件のコメント

この記事は投稿から 約2年が経過しているので情報が古い可能性があります。
Windows 10 をバージョンアップして、設定が無効になった場合は、再設定が必要です。

予約しておいた Windows 10 が公開されたものの、一向に準備が整ったとの連絡がないので、メディア作成ツールを使って、手動で8.1からアップデートをしました。

で、いつものようにApple純正キーボードを接続。
apple_keyboard01

まずはKeySwap for XPでCommandキーをControlキーに置き換え。設定後ログアウト(サインアウト)が必要。
keyswap01

続いて、 Microsoft IMEでのコマンド+スペース切り替え設定。

タスクバーのMicrosoft IMEを右クリックして、プロパティ選択
ime01

詳細設定ボタンをクリック
ime02

編集操作のキー設定で、Microsoft IMEを選択して、変更ボタンをクリック
ime03

キーが「Ctrl + SPACE」の「入力・変換済み文字なし」の部分を選択して、「変更」ボタンをクリック。
機能選択一覧より「IME-オン/オフ」を選択して、「OK」ボタンをクリック
ime04

戻った画面で確認
ime05

設定が終了したら、「適用」ボタンをクリック。
後は「OK」ボタンをクリックして、順番に閉じていってください。

Google日本語入力の場合

タスクバーのGoogle日本語入力を右クリックして、プロパティ選択

「一般」タブ »「キー設定」»「キー設定の選択」でカスタムを選択して、「編集」ボタンをクリック

「エントリーを追加」を選択して、以下の2つを追加する。
入力文字なし »「Ctrl + Space」» IMEを無効化
直接入力 »「Ctrl + Space」» IMEを有効化

後は「OK」ボタンをクリック、「適用」ボタンをクリックして、順番に閉じていってください。

これで、とりあえずは、Windows 10でApple純正キーボードを使って、 Microsoft IMEまたはGoogle日本語入力でのコマンド+スペース切り替えができるようになりました。

コメントを残す

必須欄は * がついています



WordPress Smileys

:) :D :( :o 8O :? 8) :x :P ;) :!: :?: :| :lol_wp: :redface_wp: :cry_wp: :evil_wp: :twisted_wp: :rolleyes_wp: :idea_wp: :arrow_wp: :mrgreen_wp:

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)