MacFeeling Blog

マックな感じ …

「Safari 12.0」が公開

公開 : | 0件のコメント

この記事は最終更新日から 約2年が経過しているので情報が古い可能性があります。

Safari 12.0(ソフトウェア・アップデート経由)

Safari 12アップデートはすべての macOS Hight Sierra ユーザに推奨され、プライバシー、互換性、およびセキュリティの改善を含む以下の修正を含んでいます

  • Web サイトのアイコンをタブに表示する機能を追加
  • アカウントの作成時またはパスワードの変更時に、強力で一意なパスワード候補を自動入力
  • 繰り返し使用されているパスワードに、Safari 環境設定のパネルで印を表示
  • 特定の Web サイトでポップアップを許可またはブロックする機能を追加
  • 踏め込みのコンテンツやソーシャルメディアのボタンにより、許可なくクロスサイトトラッキングが行われることを防止
  • Mac デバイスを一意に識別する広告主の能力を弱めることで、広告のリターゲッティングを抑制
  • ブラウズのパフォーマンスを低下させる Safari 機能拡張を自動的に無効化
  • Apple が検査したレガシー Safari 機能拡張のみに対応することで、セキュリティを改善
  • ほとんどの NPAPI プラグインの対応を中止することで、セキュリティを改善

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のサイトを参照してください。https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

コメントを残す

必須欄は * がついています




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)