MacFeeling Blog

マックな感じ …

VMware Fusion上のWindows XPでiSightを使う

公開 : | 0件のコメント

この記事は最終更新日から 約5年が経過しているので情報が古い可能性があります。

VMware Fusion上のWindows XPでiSightを使おうと思い、Windows Live メッセンジャーを起動して、オーディオとビデオのセットアップを選択するも、当然のことながら認識せず。

次にVMware Fusionのフルスクリーンタイトルバーから「仮想マシン」≫「USB」≫「Apple Built-in iSight に接続」を選択すると、以下のダイアログが表示された。Boot Campドライバのインストールが必要とのことで、ここは一旦「キャンセル」を選択

ググってみると、VMware Fusion上のWindows XPで内蔵iSightカメラを使おうが見つかる。このページに従ってBoot Campドライバのインストールをする。

  1. VMware FusionでWindows XPを起動します。
  2. Windowsのデスクトップが表示されて、操作ができるようになったら、Mac OS X Leopard (ここはSnow Leopardと読み替え)のインストールディスクをMacに挿入します。
  3. BootcampドライバのインストールウィザードがWindows上で自動的に起動します。

となっていましたが、Boot Campドライバのインストールウィザードではなく、以下のウィザードが起動してしまいました。

ここは手動で起動することにします。

インストールウィザードが起動しない場合は、[スタート]メニューから[マイコンピュータ]を開き、[リムーバブル記憶域があるデバイス]項目の[Boot Camp (D:)]を右クリックして、[エクスプローラ]を選択します。

ディスク内のファイルが表示されますので、[setup]というファイルをダブルクリックして、直接インストールウィザードを起動します。

となっていますが、Snow Leopardのインストールディスクの場合は、「リムーバブル記憶域があるデバイス」項目には「Windows Support」と表示されるので、これを右クリックして、「エクスプローラ」を選択します。

次に、最上階の「setup.exe」ではなくて、Boot Campフォルダ内の「setup.exe」をダブルクリックして、直接インストールウィザードを起動します。

あとは指示に従ってインストールを開始。完了するまでは結構掛かります。
インストールが完了すると、再起動を求められますので、再起動。

もし、VMware Fusionの設定で「USB 2.0 サポートを有効にする」にチェックが入っていない場合は、再起動後にVMware Fusion上のWindows XPを一旦終了してください。

VMware Fusionの「仮想マシン」メニューの「設定」を選び、「USB 2.0 サポートを有効にする」にチェックを入れてください。

チェックを入れたらWindows XPを起動

再起動後にVMware Fusionのフルスクリーンタイトルバーから「仮想マシン」≫「USB」≫「Apple Built-in iSight に接続」を選択

「コントロールパネル」≫「プリンタとその他のハードウェア」≫「スキャナとカメラ」を選択
私の場合はApple Built-in iSightではなく「USB ビデオ デバイス」と表示されたので、これをダブルクリック。
スキャナとカメラウィザードが起動するので「次へ」をクリック

問題なければ映像が表示されます。(実は最初「USB 2.0 サポートを有効にする」にチェックが入っていない状態ではiSightが認識せず?映像がでませんでした。)

以上、iMac 24インチ(Early 2008)、Mac OS X 10.6.2 64ビットカーネル環境、VMware Fusion 3.0.1

コメントを残す

必須欄は * がついています



LMB^Box Smileys 3.2 for WordPress

WordPress Smileys

:smile_wp: :biggrin_wp: :sad_wp: :surprised_wp: :eek_wp: :confused_wp: :cool_wp: :lol_wp: :mad_wp: :razz_wp: :redface_wp: :cry_wp: :evil_wp: :twisted_wp: :rolleyes_wp: :wink_wp: :exclaim_wp: :question_wp: :idea_wp: :arrow_wp: :neutral_wp: :mrgreen_wp:

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)