MacFeeling Blog

マックな感じ …

VMware Fusion 3 + Windows 7 + Microsoft IMEでコマンド+スペース

公開 : | 0件のコメント

この記事は最終更新日から 約9年が経過しているので情報が古い可能性があります。

以前、VMware Fusion 2 + Windows XP + ATOKでコマンド+スペース | MacFeeling Blogという記事を書きましたが、ようやくWindows 7をVMware Fusion 3にインストールしましたので、Microsoft IMEでコマンド+スペースの設定を行いました。

VMware Fusion 2 + Windows XP + ATOKでコマンド+スペース | MacFeeling Blogに書かれている、環境設定の「キーボードとマウス」にキーマッピングの設定項目で、デフォルトでコマンドキーがWindowsキー?に割り当てられていたのを、コントロールキーに変えていることが前提です。

Microsoft IMEの設定を表示したら、

テキスト サービスと入力言語 »「全般」タブ内のキーボードでMicrosoft IMEを選択して、「プロパティ」ボタンをクリック。

Microsoft IME のプロパティ »「編集操作」タブ内の「キー設定」のポップアップメニューでMicrosoft IMEを選択して「変更」ボタンをクリック(変更後にはユーザ定義となります。)

Microsoft IME 詳細プロパティにて、キーがCtrl + SPACEの入力・変換済み文字なしの部分を選択して、「変更」ボタンをクリック。機能選択一覧より「IME-オン/オフ」を選択。

設定が終了したら、「適用」ボタンをクリック。
後は「OK」ボタンをクリックして、順番に閉じていってください。

コメントを残す

必須欄は * がついています



LMB^Box Smileys 3.2 for WordPress

WordPress Smileys

:smile_wp: :biggrin_wp: :sad_wp: :surprised_wp: :eek_wp: :confused_wp: :cool_wp: :lol_wp: :mad_wp: :razz_wp: :redface_wp: :cry_wp: :evil_wp: :twisted_wp: :rolleyes_wp: :wink_wp: :exclaim_wp: :question_wp: :idea_wp: :arrow_wp: :neutral_wp: :mrgreen_wp:

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)