MacFeeling Blog

マックな感じ …

公開 : 2019年10月9日
0件のコメント

「ステアーマウス 5.4.1」が公開

ステアーマウス/ダウンロードのページにて、マウスのボタン、ホイール、カーソルスピードを自由にカスタマイズできるユーティリティの「ステアーマウス 5.4.1」(有料)が公開されていました。

変更点

  • macOS Catalina 10.15をサポートしました。
  • Logicool MX Master 3 をサポートしました。
  • Logicool PowerPlayで接続したLogicool G903とG502 LIGHTSPEEDをサポートしました。
  • オートスクロールに方向オプションを追加しました。垂直および水平、垂直のみ、水平のみを指定できます。
  • オートスクロールのトラックボールモードで、カーソル位置にないウインドウがスクロールする問題を軽減しました。
  • 「ライセンスとサポート」タブに「アップデートを確認」ボタンを追加しました。
  • いくつかのエラーメッセージを修正しました

公開 : 2019年10月8日
0件のコメント

macOS Catalinaの起動可能なインストーラー作成

macOS Catalinaが公開されたので、新規にインストールするために、ターミナルで起動可能なインストーラを作成しました。(備忘録)

手順はmacOS Mojaveの時とほぼ同じです。

macOS Mojaveの起動可能なインストーラー作成 | MacFeeling Blog

Mac App StoreでmacOS Catalinaインストールのダウンロードが完了すると、インストールのプロセスが開始されるので、一旦キャンセルする。

使用するUSBメモリは12GB以上のものを用意してください。(私は16GBのを使いました。)

必要ないとのことですが、念の為消去を。

USBメモリをマックのUSBポートに接続したら、ディスクユーティリティ.appを起動して
「消去」ボタンをクリック、
フォーマットは、「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」を選択。
「消去」ボタンをクリックしてフォーマットしてください。(この例では「Untitled」という名前で作成しました。)

作成したボリュームはマウントしたままで、

ターミナル.appを起動したら、「sudo 」と入力。(最後に半角スペースがあります)

Finder上で、「macOS Catalinaインストール.app」を右クリック、パッケージの内容を表示を選択。

Contents/Resources/createinstallmediaをターミナルのsudo の後ろにドラッグ&ドロップすると、パスが補完されます。

sudo /Applications/Install\ macOS\ Catalina.app/Contents/Resources/createinstallmedia

Untitledという名前で作成したので、(違う場合はUntitledの部分を変えてください)
半角スペースの後に「--volume /Volumes/Untitled/」と入力(ハイフンは2つあります。また入力の途中でタブキーを押せばその都度補完されます)

sudo /Applications/Install\ macOS\ Catalina.app/Contents/Resources/createinstallmedia —volume /Volumes/Untitled/

--applicationpath 」は非推奨とのことで、今回は必要ありません。

問題なければ、リターンキーを押してください。
管理者パスワードを聞かれたら、入力してリターンキー

If you wish to continue type (Y) then press return:

と聞かれたら、「Y」と入力してリターンキー

If you wish to continue type (Y) then press return: Y

あとは完了するまでじっとガマン

Erasing disk: 0%... 10%... 20%... 30%... 100%
Copying to disk: 0%... 10%... 20%... 30%... 40%... 50%... 60%... 70%... 80%... 90%... 100%
Making disk bootable...
Copying boot files...
Install media now available at "/Volumes/Install macOS Catalina"

で、無事終了。

exit」と入力してリターンキー
ターミナル.appを終了してください。

出来上がったUSBメモリのインストーラーで起動できるかを必ず確認してください。
(オプションキーを押したまま起動で、リストから「Install macOS Catalina」を選択)

公開 : 2019年10月8日
0件のコメント

「Xcode 11.1」が公開

Xcode 11.1(ソフトウェア・アップデート経由)

Xcode 11.1 includes Swift 5.1 and SDKs for iOS 13.1, iPadOS 13.1, tvOS 13, watchOS 6, and macOS Catalina 10.15

SwiftUI

  • SwiftUI framework and design tools work together to enable a new way to build user intefaces
  • Declarative syntax defines your user interface using easy-to-read Swift code
  • Design tools make it as easy as drag-and-drop to construct and edit your views
  • Code you write is always in sync with the design and preview canvas
  • Library of controls and modifiers make it easy to build complex interfaces
  • Animations are built using simple commands that describe the action you want to see
  • Preview your real app running on multiple device types, orientations, and font sizes
  • Share common code across all Apple platforms, and add custom experiences for each OS

Mac Catalyst brings iPad apps to the Mac

  • Click a single checkbox in your iPad project to add a native Mac app
  • One project and set of source code creates iPhone, iPad, and Mac versions of your app
  • Customize elements of your app for an experience unique to Mac
  • Add new SwiftUI code to your project along side existing UIKit code
  • Submit to the Mac App Store or notarize for outside distribution

Swift and Swift Packages

  • Swift packages are supported throughout, including build, debug, and SCM workflows
  • Use Swift packages from GitHub, Bitbucket, GitLab, or your own hosts
  • Download packages automatically based on dependency analysis
  • Create your own packages to share code among all your apps, or to publish for the community

iOS dark mode

  • Switch between light and dark mode instantly while developing and debugging
  • Asset catalog makes it easy to control images and colors for dark and light mode

Editor

  • Editor minimap gives a bird’s eye view of your code so you can quickly jump to any line
  • Each editor view has its own preview, assistant, or other complementary views
  • Split any editor pane to layout your workspace exactly as you want

Other improvements

  • Build stand-alone watchOS apps with a faster debugging experience
  • Simulator launches quickly and uses the GPU to accelerate Metal code
  • Test plans give you greater control of your test harness with sharable results bundles
  • Automatically generate localized screenshots using UI tests as part of your test plan
  • Source control adds support for stash and cherry-pick operations
  • Simulate device conditions such as a slow network or thermal warnings while debugging
  • Metrics tab in the Organizer shows how efficiently your app runs on customer devices

Xcode App
カテゴリ: Developer Tools
価格: 無料

公開 : 2019年10月8日
0件のコメント

「iMovie 10.1.13」が公開

iMovie 10.1.13(ソフトウェア・アップデート経由。)

変更点

  • iPhone XS Max用の横向きのアプリケーション・プレビュー・ムービーにタイトルを追加するときの表示の問題を修正しました
  • 互換性と安定性が向上されます

iMovie App
カテゴリ: Video
価格: 無料

公開 : 2019年10月3日

0件のコメント

「MacPorts 2.6.1」が公開

The MacPorts Project -- Download & Installationのページにて、「MacPorts 2.6.1」が公開されていました。

2019-10-11追記:macOS Catalina 10.15対応版も公開されていました。

(Xcode & Command Line Toolsがインストールされている必要があります。)

新規の場合は、対応するMacPortsをダウンロードしてインストール。

すでにMacPortsを利用している場合は、ターミナルにて
sudo port -d selfupdate」と入力してリターンキー。
管理者パスワードを要求されたら、入力してリターンキー。

確認は「port version」と入力してリターンキー。

リストの更新は「sudo port -d sync」と入力してリターンキー。
管理者パスワードを要求されたら、入力してリターンキー。

更新可能なソフトのリストは「port outdated」と入力してリターンキー。

更新可能なソフトをまとめてアップグレードするには
sudo port upgrade installed」と入力してリターンキー。
管理者パスワードを要求されたら、入力してリターンキー。

アップデートで不具合が出た場合は、opt フォルダを削除してから、新規にインストールし直してください。

公開 : 2019年10月2日
0件のコメント

「Affinity Photo 1.7.3」が公開

App Storeにて、画像編集アプリの「Affinity Photo 1.7.3」が公開されていました。

変更点

  • 互換性と安定性が改善されました。

Affinity Photo App
カテゴリ: Photography
価格: ¥6,100

番外編
もし、起動しなくなった場合、サポートによると

controlキーを押しながらアプリを開くと、ウィンドウが表示されたらキーを離します。 Clear User Defaultsとは別に、すべてがチェックされていないことを確認し、Clearをクリックすると、問題が解決されます。

だそうです。ちょっと日本語がおかしいですが、
試しに、CTRLキーを押しながらアプリを起動すると、以下のユーザーデータのクリアという画面が表示されます。

「Clear User Defaultsとは別に、すべてがチェックされていないことを確認し」というのは、「ユーザーデフォルト設定のクリア」のみチェックを入れ、他のチェックをすべて外して、「クリア」ボタンをクリックするということ?なのかな