MacFeeling Blog

マックな感じ …

公開 : 2018年9月19日
0件のコメント

Daily Digest for September 18th

tumblr png macOSのSafari v12ではポップアップウィンドウブロック機能がWebサイト別に設定できる仕様に。
tumblr png Twitter、重要なツイートと新着ツイートを簡単に切り替えられる機能を導入へ
tumblr png macOS/iOSのSafari v12でWebサイトのFaviconを表示する方法。
tumblr png AgileBits、iOS 12のPassword Manager APIをサポートし、iOSキーボードからAutoFillが可能になった「1Password v7.2 for iOS」をリリース。
tumblr png Apple、「Workflow」を「ショートカット」とリネームしてiOS 12向けに配信開始 | ソフトアンテナブログ

公開 : 2018年9月18日

0件のコメント

1PasswordでAutoFill

iOS 12ではパスワードの自動入力機能がサードパーティー製でも利用できるようになったということで、1Passwordでも7.2にて対応しました。

設定方法の備忘録

手順は

「設定」---「パスワードとアカウント」をタップ

「パスワードを自動入力」をタップ

入力を許可で、1Passwordをタップ
(画像ではすでにチェックが入っていますが、実際はまだチェックが入っていません)

Auto-Copy One-Time Passwordsを有効にする
(画像ではすでに有効になっていますが、実際はまだ有効になっていません)

Enableをタップして、次の画面で必ず「通知を許可する」をしてください。

設定はこれで終了です。

適当なログインページで試してみました。
こんな感じで表示されるので、問題なければ、「〇〇を使用」をタップして、Touch IDで1Passwordのロックを解除すると、設定した項目に自動入力がされました。

違うパターンも

公開 : 2018年9月18日
0件のコメント

コンパクトな自転車用ライト

自転車用のライト、今まではミニマグライト(LEDに交換)とハンドルに取り付けるためのバンドをショルダーバックに入れていたのですが、これが結構かさばって意外とずっしりとします。

少しでもショルダーバックを軽くしようと思い、バックではなくてツールボトルの方に入るものを探してみました。

今のミニマグは18cm位で、これだとすでにパンパン状態のツールボトルには入りません。
なので、10cm位のもので、明るさは移動は都内がほとんどで街灯も明るいですし、相手から見えることを考え最低限の100ルーメンで、電池もライトが必要なことは頻繁にはないので、単4か単3が1本のもの。

この条件で、ヨドバシに見に行ったところ、オーム電機の「LHA-SP412ZI-S」が小さくで条件に合っていそうです。

防水LEDズームライト IPX6 耐水形 SPARKLED ZOOM 135lm OHM LHA-SP412ZI-S 07-8655オーム電機ダイレクト

光束(ルーメン):約135ルーメン
外形寸法(約):外径16mm×全長88mm(クリップ除く)
電源:単4形アルカリ乾電池1本

価格は、1,490円也(税込み)

ヨドバシ.com - オーム電機 OHM LHA-SP412ZI-S [防水LEDズームライト 単4×1本] 通販【全品無料配達】

本体

これとハンドルに取り付けるためのバンド

ツールボトルに入れた状態
コンパクトでなんとか収まりました。

公開 : 2018年9月18日
0件のコメント

「Xcode 10.0」が公開

Xcode 10.0(ソフトウェア・アップデート経由)

Xcode 10 includes Swift 4.2 and SDKs for iOS 12, watchOS 5, tvOS 12, and macOS Mojave.

Dark mode in macOS Mojave

  • All-new dark appearance throughout Xcode and Instruments
  • Asset catalogs add dark and light variants to customize colors and image assets
  • Interface Builder easily switches between dark and light variants of the app's interface
  • Debugger switches Mac apps between dark and light variants without changing OS settings

Source control

  • Code that differs from the repository server is highlighted directly within the editor, including:
    • - Local changes not yet pushed to the shared repository
    • - Upstream changes others have made
    • - Conflicts to address before committing
  • Account integration with self-hosted and cloud servers from Atlassian Bitbucket, GitLab, and GitHub
  • Account logins generate SSH keys on-demand and upload to the service provider
  • Rebase is an option when pulling the latest version of code

Editor enhancements

  • Multiple cursors in the editor enable many changes at once
  • Code folding ribbon can hide any code block surrounded by braces
  • Over-scroll makes it easy to display the last lines of code in the center of the screen

Playgrounds and machine learning

  • Completely redesigned REPL-like playgrounds are much faster and more stable
  • Run code at any time by hitting SHIFT-RETURN or click the inline Run button to execute to a specific line
  • Interactively train and exercise new Create ML models directly within a playground

Test and debug

  • Debug symbols download from a device 5x faster than before
  • Tests run in parallel across many Simulators to take full advantage of all CPU cores
  • Custom instruments provide unique data visualization for any code
  • Memory debugger layout is redesigned to make it easier to navigate and visualize the whole app
  • Metal shader debugger inspects the execution of vertex, fragment, compute, and tile shader code
  • Metal dependency viewer shows a detailed graph of how resources are used

Build Performance

  • New build system improves performance and is enabled by default for all projects
  • Swift compiles each individual file significantly faster, and greatly improves incremental builds

Xcode App
カテゴリ: Developer Tools
価格: 無料

公開 : 2018年9月18日
0件のコメント

「Safari 12.0」が公開

Safari 12.0(ソフトウェア・アップデート経由)

Safari 12アップデートはすべての macOS Hight Sierra ユーザに推奨され、プライバシー、互換性、およびセキュリティの改善を含む以下の修正を含んでいます

  • Web サイトのアイコンをタブに表示する機能を追加
  • アカウントの作成時またはパスワードの変更時に、強力で一意なパスワード候補を自動入力
  • 繰り返し使用されているパスワードに、Safari 環境設定のパネルで印を表示
  • 特定の Web サイトでポップアップを許可またはブロックする機能を追加
  • 踏め込みのコンテンツやソーシャルメディアのボタンにより、許可なくクロスサイトトラッキングが行われることを防止
  • Mac デバイスを一意に識別する広告主の能力を弱めることで、広告のリターゲッティングを抑制
  • ブラウズのパフォーマンスを低下させる Safari 機能拡張を自動的に無効化
  • Apple が検査したレガシー Safari 機能拡張のみに対応することで、セキュリティを改善
  • ほとんどの NPAPI プラグインの対応を中止することで、セキュリティを改善

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のサイトを参照してください。https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

公開 : 2018年9月18日
0件のコメント

iWork各種アップデート

iWork各種アップデートが公開されていました。

Pages 7.2新機能

  • オーディオをページ上で直接、簡単に録音、編集、再生できます。
  • ダークモードがサポートされ、Pagesをドラマチックな暗い表示に変えることができます。ツールバーやメニューが背景に溶け込むため、コンテンツにより集中できます。macOS Mojaveが必要です。
  • 連係カメラがサポートされ、iPhoneで撮影した写真やスキャンした書類が、Mac上の書類に自動的に表示されます。macOS MojaveおよびiOS 12が必要です。
  • 自由に編集できる多様な新しい図形を使ってスライドの魅力を高めることができます。
  • パフォーマンスと安定性が向上します

Keynote 8.2の新機能

  • ダークモードがサポートされ、Keynoteをドラマチックな暗い表示に変えることができます。ツールバーやメニューが背景に溶け込むため、コンテンツにより集中できます。macOS Mojaveが必要です。
  • 連係カメラがサポートされ、iPhoneで撮影した写真やスキャンした書類が、Mac上のプレゼンテーションに自動的に表示されます。macOS MojaveおよびiOS 12が必要です。
  • オーディオをスライド上で直接、簡単に録音、編集、再生できます。
  • 自由に編集できる多様な新しい図形を使ってプレゼンテーションの魅力を高めることができます。
  • パフォーマンスと安定性が向上します。

Numbers 5.2の新機能

  • スマートカテゴリを使って、表をすばやく整理および要約し、データを新たな観点から見ることができます。
  • 一意の値や日付範囲(曜日、日、週、月、四半期、年など)に基づいてデータをグループ化できます。
  • 各グループの列のカウント、小計、平均値、最大値、最小値をすばやく表示できます。
  • 要約データのグラフを作成できます。
  • カテゴリを簡単に並べ替えて、データを違う方法で表示できます。
  • ダークモードがサポートされ、Numbersをドラマチックな暗い表示に変えることができます。ツールバーやメニューが背景に溶け込むため、コンテンツにより集中できます。macOS Mojaveが必要です。
  • 連係カメラがサポートされ、iPhoneで撮影した写真やスキャンした書類が、Mac上のスプレッドシートに自動的に表示されます。macOS MojaveおよびiOS 12が必要です。
  • オーディオをスプレッドシート内で直接、簡単に録音、編集、再生できます。
  • 自由に編集できる多様な新しい図形を使ってスプレッドシートの魅力を高めることができます。
  • パフォーマンスと安定性が向上します。

Pages App
カテゴリ: Productivity
価格: 無料

Numbers App
カテゴリ: Productivity
価格: 無料

Keynote App
カテゴリ: Productivity
価格: 無料

公開 : 2018年9月18日
0件のコメント

「iOS 12.0」が公開

「iOS 12.0」が公開されていました。

iOS 12には、iPhoneおよびiPadのパフォーマンスの改善および様々な新機能が含まれます。“写真”には、ライブラリから写真を見つけたり共有したりしやすくなる新機能が搭載されました。ミー文字(まったく新しい、カスタマイズ可能なアニ文字)により、“メッセージ”でより表情豊かで楽しいコミュニケーションが可能になります。スクリーンタイム機能により、あなたやファミリーメンバーがiPhoneやiPadで何にどれぐらいの時間を費やしているかを把握し、時間をより有効に活用するためのお手伝いが可能になりました。Siriが使用可能なAppでSiriショートカットを使えば、今までよりももっと素早く作業を終わらせることができます。拡張現実(AR)は機能が強化充実され、デベロッパはAR体験を複数台で共有する機能を利用することができます。また、新しいプライバシー機能により、Webサイトによるトラッキングを防ぐことができます。このアップデートには以下の新機能および改善が含まれます:

パフォーマンス

  • ユーザの操作により素早く機敏に反応するように、iOSを全体的に改良
  • iPhone 5sおよびiPad Airに至るすべての対応デバイスでパフォーマンスを改善
  • カメラの起動は70%高速化、キーボード表示は50%高速化、またタイプ入力の反応も改善(*)
  • デバイスに高負荷がかかっている場合のAppの起動が最大で2倍高速化(*)

写真

  • 新しい“For You”タブに“おすすめの写真”や“エフェクトの提案”などが導入され、ライブラリにあるたくさんの写真から素早く目的のものを探すことが可能
  • “共有の提案”機能により、写真に写っている人たちと写真を共有するように能動的に提案
  • 検索機能が強化され、複数のキーワード検索に対応、検索候補も賢くなり、より簡単に写真の検索が可能
  • 撮影地、店舗名/会社名、または写真を撮影したときのイベントから写真の検索が可能
  • カメラからの読み込み速度が改善、また写真を大きくプレビュー表示することが可能
  • RAWイメージの編集に対応

カメラ

  • ポートレートモードで、“ステージ照明”および“ステージ照明(モノ)”を使用したときに、被写体と背景間の詳細部分を保持するよう改善
  • スキャンしやすいように、カメラフレームでQRコードをハイライトするよう改良

メッセージ

  • ミー文字(まったく新しい、カスタマイズ可能なアニ文字)により、“メッセージ”で独自のキャラクター使ってより表情豊かで楽しいコミュニケーションが可能
  • アニ文字にティラノサウルス、お化け、コアラ、トラを追加
  • ミー文字およびアニ文字でウインクおよび舌を出す動作を認識
  • 新しいカメラエフェクトにより、“メッセージ”で撮影した写真やビデオで、アニ文字、フィルタ、テキストエフェクト、iMessageステッカーパック、図形が使用可能
  • アニ文字の録画が30秒まで可能

スクリーンタイム

  • あなたやファミリーメンバーのAppやWebサイトの適切な使用時間を判断するための詳細情報やツールを提供
  • Appの使用時間、Appカテゴリごとの使用状況、通知の受信数、デバイスを持ち上げた回数についての情報を表示
  • “App使用時間の制限”で、あなたおよびお子様がAppやWebサイトで費やすことができる時間の長さを設定可能
  • お子様のiPhoneまたはiPadの使用の仕方を、親/保護者が自分のデバイスから直接管理することが可能

おやすみモード

  • 所定の時間、場所、またはカレンダーのイベントのあとで“おやすみモード”をオフにすることが可能
  • “ベッドタイム中のおやすみモード”により、就寝中はロック画面にすべての通知を表示しないようにすることが可能

通知

  • 通知の管理を簡単にするため、同じAppからの通知を自動的にグループ化して表示可能
  • ロック画面から直接通知設定を操作可能
  • 新しい“目立たない形で配信”機能により、サウンドやバナーを出さずに通知を通知センターだけに表示させることが可能

Siri

  • Siriが使用可能なAppでSiriショートカットを使えば、今までよりももっと素早く作業を終わらせることが可能
  • Siri対応Appの“Siriに追加”ボタン、または“設定”>“Siriと検索”で、ショートカットを追加可能
  • ロック画面または検索内でショートカットの提案を表示
  • モータースポーツの結果、スケジュール、Formula 1、Nascar、Indy 500、MotoGPの統計および順位表を入手可能
  • 時間、撮影地、ピープル、最近行った旅行などで写真やメモリーを検索可能
  • 40以上の言語の組み合わせで語句の翻訳に対応
  • 著名人に関する事柄(例: 誕生日)や、食べ物に関する質問(例: カロリーや成分/原料)を調べることが可能
  • フラッシュライトのオン/オフが可能
  • 英語(アイルランド)、英語(南アフリカ)、デンマーク語、ノルウェー語、中国語(広東語)、中国語(北京語-台湾)でより自然で表現豊かな声が利用可能

拡張現実

  • ARKit 2による共有機能により、デベロッパはほかの人とAR体験を共有できる革新的なAppを作成可能
  • AR体験の保存/再読み込みが可能になり、デベロッパはAR体験を持続させることが可能
  • オブジェクト認識およびイメージトラッキング機能により、空間を移動中に現実世界のオブジェクトを認識したり、イメージを追跡したりするツールをデベロッパに提供
  • ARクイックルック機能により、仮想オブジェクトをNews、Safari、“ファイル”などの内蔵Appで表示したり、iMessageや“メール”で共有することが可能

計測

  • 物体および空間を計測するための新しい拡張現実App
  • 物体の表面や空間に線を引いて長さを計測し、線上のラベルをタップして詳細情報を表示
  • 長方形の物体を自動的に計測
  • 計測物のスクリーンショットの取り込み、共有、マークアップが可能

プライバシーおよびセキュリティ

  • Safariの強化されたトラッキング防止機能により、Webサイトに埋め込まれたコンテンツやソーシャルメディア用ボタンが、あなたの許可なしにあなたを追跡するのを防ぐことが可能
  • 広告主によるiOSデバイスの固有情報の収集を防いで、ターゲット広告の配信を減らすことが可能
  • SafariおよびほとんどのAppで、パスワードの新規作成または変更時に、強力かつ固有なパスワードを自動的に提案
  • パスワードを再利用している場合、“設定”>“パスワードとアカウント”で警告マークを表示
  • セキュリティコードの自動入力機能により、SMS経由で送られた使い捨て(ワン・タイム)パスコードをQuickTypeバー上に表示
  • “設定”>“パスワードとアカウント”から、AirDropを使用して登録済みの連絡先にパスワードを簡単に共有可能
  • 認証済みのデバイスで、Siriにパスワードを尋ねることが可能
  • Apple Books

  • まったく新しいデザインにより、本やオーディオブックを楽しく簡単に探して読むことが可能
  • “今すぐ読む”機能により、現在読書中の本に戻ったり、次に読む本のおすすめを受け取ることが可能
  • “読みたい”コレクションに本を追加して、次に読みたい本を管理することが可能
  • 新しい“ブックストア”では、新刊、話題作、ベストセラー、Apple Booksエディターのおすすめなどから、お気に入りのブックをより簡単に探すことが可能
  • 新しいオーディオブックストアでは、お気に入りの著者、俳優/女優、著名人のナレーターによる真に迫ったストーリーや有益なノンフィクション本などを探すことが可能
  • Apple Music

  • 歌詞による検索に対応し、歌詞の一部を使って曲を検索することが可能
  • アーティストのページが見やすいデザインに改良され、どのアーティストからでもパーソナライズされたステーションを作成可能
  • 新しい“フレンズ・ミックス”により、友達が聴いている曲からプレイリストを作成可能
  • 世界各国のトップ100曲を表示する新しいチャートを追加

株価

  • まったく新しいデザインが導入され、iPhoneおよびiPad上で株価情報、インタラクティブなチャート、トップ記事を利用可能
  • ウォッチリストに、一日の株価の推移が一目で分かる色つきの小さなチャート(スパークライン)を表示
  • 各銘柄のインタラクティブなチャート、および時間外取引や出来高などの情報を表示

ボイスメモ

  • より使いやすくなった新デザイン
  • 録音/編集データをiCloud経由で各デバイス間で同期
  • iPadで使用可能、横向きおよび縦向き両方に対応

Apple Podcast

  • 番組でチャプタに対応
  • 車内またはヘッドフォンで利用時に進む/戻るボタンで30秒進めたり、次のチャプタに移動することが可能
  • “今すぐ聴く”画面から、エピソードの通知を簡単に管理することが可能

アクセシビリティ

  • ライブリスニングがAirPodsに対応
  • RTT通話がAT&Tで使用可能
  • “選択項目の読み上げ”がSiriの声の使用に対応

その他の機能および改善

  • FaceTimeのカメラエフェクトで、自分の顔をリアルタイムでアニ文字/ミー文字に変身させることが可能
  • CarPlayで他社製のナビゲーションAppを使用可能
  • Walletに追加した非接触型の学生IDカードを使って建物に入ったり、Apple Payで支払いをすることが可能(対応しているキャンパスのみ)
  • “設定”>Safariで、iPadでタブにWebサイトのアイコンを表示可能
  • “天気”に空気質指数を追加(対応している地域のみ)
  • iPadで、画面の下端から上にスワイプしてホーム画面に移動するようにジェスチャを変更
  • iPadで、画面の右上隅から下にスワイプしてコントロールセンターを開くようにジェスチャを変更
  • マークアップに、より多くの色と、線の太さと各ツールの透明度を変更できるオプションを追加
  • “設定”のバッテリー使用状況に、過去24時間または過去10日以内の使用状況を追加、バーをタップするとその期間のApp使用状況を表示可能
  • 3D Touchに対応していないデバイスで、スペースキーを長押ししてキーボードをトラックパッドに変更可能
  • 中国で、“マップ”が空港およびショッピングセンターの建物内部マップに対応
  • ヘブライ語の辞書、アラビア語-英語およびヒンディー語-英語の二言語辞典を追加
  • 新しい英語の類語辞典を追加
  • iOSアップデートを夜間に自動的にインストールする機能を追加

* 標準のピークパフォーマンスに対応するiPhone 6 Plus、リリース前のiOS 11.4、リリース前のiOS 12を使用し、2018年5月にAppleが実施したテスト結果によります。キーボードのテストではSafariを使用し、カメラはロック画面からスワイプしてテストしました。パフォーマンスは特定の構成、コンテンツ、バッテリーの状態、使用状況、ソフトウェアのバージョン、その他の要素によって異なります。

一部の機能は、デバイスや国や地域によっては利用できないことがあります。詳しくは次のWebサイトを参照してください:
https://www.apple.com/jp/ios/feature-availability および https://www.apple.com/jp/ios/whats-new

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

公開 : 2018年9月17日
0件のコメント

Daily Digest for September 16th

tumblr png 「iPhone 5s」や「iPhone 6」などの旧モデルは「iOS 12」にアップデートするとバッテリー駆動時間が減少するかも
tumblr png iOS 12の「Apple Books」で大事なファイルを見失わないように:iPhone Tips - Engadget Japanese
tumblr png キヤノンITS、Macユーザーに対し「ESET Cyber Security」がmacOS Mojave 10.14に対応するまでOSのアップグレードを控えるように指示。

公開 : 2018年9月12日
0件のコメント

「Adobe Flash Player 31.0.0.108」が公開

Adobe - Adobe Flash Playerのインストールのページにて、「Adobe Flash Player 31.0.0.108」が公開されていました。

システム環境設定 » Flash Player » 「高度な設定」タブ » 「今すぐチェック」からでもOK(まだの時もあります)

radikoroでradiko.jpのタイムフリーを使う場合は、最新版にしておくのをお忘れなく