MacFeeling Blog

マックな感じ …

公開 : 2020年10月21日
0件のコメント

「iPadOS 14.1」が公開

iPadOS 14.1には、iPad用の機能改善とバグ修正が含まれています。

  • 12.9インチiPad Pro(第2世代)以降、11インチiPad Pro、10.5インチiPad Pro、iPad Air(第3世代)以降、およびiPad mini(第5世代)の“写真”で10ビットHDRビデオの再生と編集に対応
  • 一部のウィジェット、フォルダ、アイコンがホーム画面に縮小表示されていた問題に対処
  • “メール”で一部のメールが誤ったエイリアスから送信されていた問題を修正
  • アルバムまたはプレイリストの表示中に、一部のユーザで曲のダウンロードやライブラリへの追加ができないことがある問題に対処
  • ストリーミングビデオの再生開始時に解像度が一時的に低下することがある問題を解決
  • “ファイル” Appで、一部のMDM管理のクラウド・サービス・プロバイダによるコンテンツが誤って利用不可として表示されることがある問題に対処

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

公開 : 2020年10月21日
0件のコメント

「Xcode 12.1」が公開

Xcode 12.1(ソフトウェア・アップデート経由)

Xcode 12.1 includes Swift 5.3 and SDKs for iOS 14.1, iPadOS 14.1, tvOS 14, watchOS 7, and macOS Catalina

Platform features

  • App Clips are a small part of your app that’s discoverable at the moment it’s needed, loads in seconds, and launches quickly
  • WidgetKit uses SwiftUI to build beautiful new widgets that users can install directly on their iPhone home screen
  • StoreKit testing framework and transaction manager make it easy to test and debug in-app purchases

Refined user interface

  • Document tabs open any type of document in a lightweight editor tab, including logs, asset catalogs, and UI files
  • Navigator fonts are now resizable based on the system setting, or can be manually configured
  • Code completion has a new, simplified interface that is faster, and makes it easier to choose the correct code
  • Organizer is completely redesigned, and reports new app metrics such as hitches in animation and scrolling

Swift and SwiftUI

  • Performance for SwiftUI has been improved throughout, and new Lazy views can efficiently handle enormous data sets
  • SwiftUI Views can be turned into reusable components that appear in the Xcode library and in code completions
  • Swift Package Manager supports resources and localizations, making it great for sharing SwiftUI components
  • Swift compiler’s improved diagnostics make it much easier to understand coding mistakes, especially in SwiftUI code

Xcode App
カテゴリ: Developer Tools
価格: 無料

詳細! SwiftUI iPhoneアプリ開発入門ノート iOS 13 + Xcode11対応

詳細! SwiftUI iPhoneアプリ開発入門ノート iOS 13 + Xcode11対応

大重 美幸
2,970円(10/27 18:55時点)
発売日: 2019/12/21
Amazonの情報を掲載しています
絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門 第8版 【Xcode 11 & iOS13】 完全対応

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門 第8版 【Xcode 11 & iOS13】 完全対応

高橋 京介
3,025円(10/27 18:55時点)
発売日: 2020/06/27
Amazonの情報を掲載しています

公開 : 2020年10月21日
0件のコメント

「iOS 14.1」が公開

iOS 14.1には、iPhone用の機能改善とバグ修正が含まれています。

  • iPhone 8以降の“写真”で10ビットHDRビデオの再生と編集に対応
  • 一部のウィジェット、フォルダ、アイコンがホーム画面に縮小表示されていた問題に対処
  • ホーム画面でウィジェットをドラッグするとフォルダからAppが削除されてしまうことがある問題に対処
  • “メール”で一部のメールが誤ったエイリアスから送信されていた問題を修正
  • 着信時に地域情報が表示されないことがある問題を修正
  • 一部のデバイスで拡大表示モードと英数字のパスコードを選択すると、ロック画面の緊急電話ボタンがテキスト入力ボックスと重なってしまうことがある問題を修正
  • アルバムまたはプレイリストの表示中に、一部のユーザで曲のダウンロードやライブラリへの追加ができないことがある問題に対処
  • “計算機”でゼロが表示されないことがある問題を修正
  • ストリーミングビデオの再生開始時に解像度が一時的に低下することがある問題を解決
  • 一部のユーザでファミリーメンバーのApple Watchが設定できなくなっていた問題を修正
  • “Apple Watch” AppでApple Watchのケース素材が誤って表示されていた問題を解決
  • “ファイル” Appで、一部のMDM管理のクラウド・サービス・プロバイダによるコンテンツが誤って利用不可として表示されることがある問題に対処
  • Ubiquitiワイヤレス・アクセス・ポイントとの互換性を改善

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

公開 : 2020年10月21日
0件のコメント

Daily Digest for October 20th

tumblr png 一部Apple Watch SEが加熱、画面に斑点ができたとの複数報告 - Engadget 日本版
tumblr png Windows 10のタッチキーボード&手書き入力サービスは止めないで! ~マイクロソフトが注意喚起/逆効果だったり予期せぬトラブルも。タッチキーボードの正しい無効化の方法も案内
tumblr png Windows 10用のベストインターネットセキュリティスイートが発表 - Microsoft Defenderが最高評価を獲得 - ソフトアンテナブログ
tumblr png Apple、「Apple Watch Series 3」向けに「watchOS 7.0.3」をリリース

公開 : 2020年10月18日

0件のコメント

Apple Silicon対応は Xcode 12.2が必要だったのか!

Apple Silicon対応アプリを作成しようと思い。ググってみたところ以下の公式ページを発見。

Building a Universal macOS Binary | Apple Developer Documentation

Xcode 12となっていたので、素直に Xcode 12.0.1を起動して、既存のプロジェクトを開けば変換されるようなことが書かれているものの、Intelのみ。

で、色々といじってみたけれど変わらず。ふと最新のベータ版だとどうなるのかと思い、 Developer のページよりXcode 12.2 Bata3 をダウンロードして、プロジェクトを開いてみたところ、あれまぁApple Siliconがあるではありませんか!

上記に加えて、Destinationの Buildが以下のようになっていないとダメです。

私の場合は、とあるソフトで、TARGET » Build Settings » User-Definedの古い設定が邪魔をしていました。これを削除したところApple Siliconが出現しました。

とりあえず、 アプリをビルドして、 ターミナルで「lipo -archs アプリまでのパス/Contents/MacOS/アプリ名」を実行したところ、無事 arm64が含まれていることが確認できました。

12.2以降なら、そう書いといてよアップルさん!って知らないのは自分だけか?