MacFeeling Blog

マックな感じ …

キョンキョンに聞いてみる

公開 : | 0件のコメント

この記事は最終更新日から 約9年が経過しているので情報が古い可能性があります。

ライオンでは、スピーチが日本語にも対応したとのことで、早速設定を行ってみました。

「システム環境」 » 「スピーチ」 » 「テキスト読み上げ」 にて、「システムの声」ポップアップメニューより、カスタマイズを選択

声を選択で、日本語(日本)Kyokoにチェックを入れて、「OK」ボタンをクリック。

ダウンロードおよびインストールの確認ダイアログが表示されるので、問題なければ「インストール」をクリック

ソフトウェア・アップデートが起動して、ダウンロードが始まります。

インストール後に、Kyokoを選択して「再生」ボタンをクリック

こんにちは、私の名前はきょうこです。日本語の音声をお届けします。

流暢ではありませんが...

簡単なソフトを作って確認してみました。

サンプルにあった
synth = [[NSSpeechSynthesizer alloc] initWithVoice:@"com.apple.speech.synthesis.voice.Alex"];
から
@"com.apple.speech.synthesis.voice.kyoko"

に変えただけでは動かず、ググってみたところ

@"com.apple.speech.synthesis.voice.kyoko.premium"

でした。

ちなみに「きょうこ」と入力すると、変換候補のトップは京子でした。二番目は恭子、イメージしていた今日子(小泉)は三番目

コメントを残す

必須欄は * がついています




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)