MacFeeling Blog

マックな感じ …

起動可能なインストーラ作成(macOS Sierra、OS X El Capitan用)

公開 : | 0件のコメント

この記事は最終更新日から 約3年が経過しているので情報が古い可能性があります。

macOS Catalina場にて、ターミナルで起動可能なインストーラを作成。(備忘録)

macOS Sierra、OS X El Capitan用。

参考ページ
OS X の起動可能なインストーラを作成する - Apple サポート

上記ページから直接macOS Sierra、またはOS X El Capitanのファイルをダウンロード。

2019.10.27追記:証明書の期限切れにより、上記ページからダウンロードしてインストールした「macOS Sierraインストール.app」からインストーラを再作成しようとしたところ、全く進まず。アクティビティモニタを見たところ、 恐ろしい数の createinstallmediaが動いていました。OS X El Capitanの方は問題なく作成できたので、macOS Sierraのファイルになんか問題がありそうな感じ??なお、ダウンロードした「InstallOS.dmg」ファイルのサイズは 5,007,882,126バイト。

macOS Sierra と El Capitan はディスクイメージの形でダウンロード(InstallOS.dmg、InstallMacOSX.dmg)され、それぞれ「InstallOS.pkg」,「InstallMacOSX.pkg」という名前のインストーラが入っています。先に進む前に、このインストーラを実行してください。

アプリケーションフォルダに、それぞれ「macOS Sierraインストール.app」「OS X El Capitan インストール.app」がインストールされます。

使用するUSBメモリは8GB以上のものを用意してください。

USBメモリの初期化は必要ありませんが、念のため消去するなら

disk_utility01

USBメモリをマックのUSBポートに接続したら、ディスクユーティリティ.appを起動して
「消去」ボタンをクリック、
フォーマットは、「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」を選択。
方式は、「GUID パーティションマップ」を選択。
「消去」ボタンをクリックしてフォーマットしてください。(この例では「Untitled」という名前で作成しました。)

USBメモリをマックに接続(消去した場合はマウントしたままで)

ターミナルを起動したら、「sudo 」と入力。(最後に半角スペースがあります)

以下は、「OS X El Capitan インストール.app」の例です。「macOS Sierra インストール.app」の場合は置き換えてください。

Finder上で、「OS X El Capitan インストール.app」を右クリック、パッケージの内容を表示を選択。

Contents/Resources/createinstallmediaをターミナルのsudo の後ろにドラッグ&ドロップすると、パスが自動で補完されます。

sudo /Applications/Install OS X El Capitan.app/Contents/Resources/createinstallmedia 

Untitledという名前で作成したので、(違う場合はUntitledの部分を変えてください)
半角スペースの後に「--volume /Volumes/Untitled/」と入力(ハイフンは2つあります。また入力の途中でタブキーを押せばその都度補完されます)

sudo /Applications/Install OS X El Capitan.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled/ 

半角スペースの後に「--applicationpath 」と入力。(ハイフンは2つあります。最後に半角スペースがあります)

Finder上で、「OS X El Capitan インストール.app」を--applicationpath の後ろにドラッグ&ドロップすると、パスが自動で補完されます。

sudo /Applications/Install OS X El Capitan.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled/ --applicationpath /Applications/Install OS X El Capitan.app 

問題なければ、リターンキーを押してください。
管理者パスワードを聞かれたら、入力してリターンキー

If you wish to continue type (Y) then press return:

と聞かれたら、「Y」と入力してリターンキー

If you wish to continue type (Y) then press return: Y

あとは完了するまでじっとガマン

Erasing Disk: 0%... 10%... 20%... 30%...100%...
Copying installer files to disk...
Copy complete.
Making disk bootable...
Copying boot files...
Copy complete.
Done.

で、無事終了。

出来上がったインストールディスクで起動できるかを必ず確認してください。

コメントを残す

必須欄は * がついています




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)