MacFeeling Blog

マックな感じ …

証明書の更新

公開 : | 0件のコメント

この記事は最終更新日から 約3年が経過しているので情報が古い可能性があります。

「Your Developer ID Application will expire in 30 days.」というタイトルのメールがアップルより届いていました。

Xcodeを立ち上げてアカウントを見てみると、確かに来月にDeveloper ID Application証明書の有効期限が切れるようで
取得した日付を見ると証明書の有効期間は5年だったようです。

私の場合は、Mac App Storeでの公開はしていないので、「Developer ID Application」さえあればなんとかなります。
ということで、早速更新処理をと思ったものの、どうやるのか綺麗サッパリ忘れてしまいました。 :wallbash_tb:

とりあえず、Xcodeからでなんとかなるのではと、 「Preferences」»「Accounts」で
左のApple IDsのリストで選び、さらに右のTeamのリストで選んで
「Manage Certificates...」ボタンをクリック

左下のボタンをクリックして、リストから「macOS Developer ID」を選択

Developer IDが追加されました。

念のため、Certificates, Identifiers & Profilesのページにアクセスして、Mac Certificatesを見ると、すでに反映されていました。

さらにキーチェーンアクセス.appを起動して、証明書を表示してみると、こちらにもすでに反映されていました。

とりあえず、これで様子を見ることに

コメントを残す

必須欄は * がついています




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)