MacFeeling Blog

マックな感じ …

VirtualBoxにインストールしたMacの解像度を変更

公開 : | 0件のコメント

この記事は最終更新日から 約1年が経過しているので情報が古い可能性があります。

VirtualBoxにインストールしたMacの解像度は1024x768で固定されているため、これを変更しようとググってみると、多くのサイトで

VBoxManage setextradata "VM name" VBoxInternal2/EfiGopMode N

が紹介されています。

VM nameは作成した時のVMの名前
Nは解像度を表す番号(0 = 640x480、1 = 800x600、2 = 1024x768、3 = 1280x1024、4 = 1440x900、5 = 1920x1200)

まずは、これをターミナルで実行したものの、Macを起動すると解像度は1024x768のまま... :sad_wp:

で、User ManualのChapter 3. Configuring virtual machinesの「3.14.1. Video modes in EFI」の項目を見てみると、現在は

VBoxManage setextradata "VM name" VBoxInternal2/EfiGraphicsResolution HxV

になっているということで、早速こちらを実行(ゲストOSが実行されている時は、終了させてから)

念のため、インストールされているVMのリストを表示
/Applications/VirtualBox.app/Contents/MacOS/VBoxManage list vms」と入力してリターンキー

"Mountain Lion" {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}

今回はMountain Lionの解像度を1440x900に変更するので

/Applications/VirtualBox.app/Contents/MacOS/VBoxManage setextradata "Mountain Lion" VBoxInternal2/EfiGraphicsResolution 1440x900」と入力してリターンキー

VirtualBoxでMountain Lionを起動すると、今度は問題なく1440x900で表示されました。

環境
macOS High Sierra 10.13.1
VirtualBox-5.2.2-119230-OSX
VMware Fusionで作成したMountain Lionの「仮想ディスク.vmdk」を読み込んだもの

ゲストOSがMacの場合にはGuest Additionsがインストールできないため、色々と不便ですが、もうちょっと試してみます。

共有については、クリップボードの共有や、ドラッグ&ドロップはできなさそうなので、

ホストOSのMacでファイル共有を有効にして、ゲストOSのMacからFinderでサーバに接続(smb://IPアドレス)ですることに。

コメントを残す

必須欄は * がついています



LMB^Box Smileys 3.2 for WordPress

WordPress Smileys

:smile_wp: :biggrin_wp: :sad_wp: :surprised_wp: :eek_wp: :confused_wp: :cool_wp: :lol_wp: :mad_wp: :razz_wp: :redface_wp: :cry_wp: :evil_wp: :twisted_wp: :rolleyes_wp: :wink_wp: :exclaim_wp: :question_wp: :idea_wp: :arrow_wp: :neutral_wp: :mrgreen_wp:

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)