MacFeeling Blog

マックな感じ …

音楽環境にSA-36Aを導入

公開 : | 0件のコメント

この記事は最終更新日から 約3年が経過しているので情報が古い可能性があります。

マックで音楽を聴くときは、Mac → UA-4FX → RD-VH7PC → スピーカーという構成だったのですが、

CDは買ったらマックに取り込んで iTunesやVOX(無料)で再生、ラジオはradiko.jpとらじる☆らじるをradikoro経由で聞くようになってしまったので、RD-VH7PCじゃなくて、スピーカーを鳴らすだけの、もっとシンプルなものを探して、小型のデジタルアンプを...

何にしたらいいのかサッパリ分からないので、ググってみたところ、Lepai、TOPPINGが多く引っかかってきたのですが、S.M.S.LのSA-36Aがビビッと来たので、楽天で唯一扱っている?マキシマムジャパンがACアダプター付きで、3,980円(送料500円、5,000以上の購入で無料)だったので、そちらでブラック(他にはシルバーとゴールド)を購入。

Tripath社のTA2020-020を使用していて、対応スピーカーは4Ω〜8Ω。最大出力は4Ω時に20W × 2
入力端子はRCA入力 × 2(金メッキ)、出力端子はバナナプラグに対応

Mac → UA-4FX → SA-36A → スピーカーという構成になりました。

sa36a05

今までよりも、もっと気軽に音楽が楽しめそうな感じです :wink_wp:

sa36a01

sa36a02

sa36a03

つまみの周りがほんのりと青く光ります。(ブラックだと眩しくありません)
sa36a04

コメントを残す

必須欄は * がついています




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)