MacFeeling Blog

マックな感じ …

ARCでエラー その1(周回遅れ)

公開 : | 0件のコメント

この記事は最終更新日から 約9年が経過しているので情報が古い可能性があります。

Xcode 3.2.6のプロジェクトを4.2で開いて、ARCを有効にしてビルドすると、エラーが出まくりです。

EZ-NET: 使用できなくなるクラスやメソッド - Automatic Reference Countingで、書かれているretain、release、autorelease、assignの部分を修正した後に残ったエラー

例えば

xmlParser = [[NSXMLParser alloc] initWithData:webData];
    [xmlParser setDelegate:self];

の部分で

parameter of incompatible type 'id<NSXMLParserDelegate>'

のエラー

ググってみたところ、ヘッダーファイルが

@interface hogehoge : NSObject {

だったのを

@interface hogehoge : NSObject <NSXMLParserDelegate> {

と、NSXMLParserDelegateを追加すればOKでした。

同じタイプのエラーも対処法は同じ

コメントを残す

必須欄は * がついています




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)