MacFeeling Blog

マックな感じ …

ソニッケアー イージークリーン(HX6511/02)

公開 : | 0件のコメント

この記事は最終更新日から 約10年が経過しているので情報が古い可能性があります。

昨年参加させていただきました「フィリップスヘッドフォンマラソン」
息も絶え絶えになりながらも、なんとか完走することができました。 :wink_wp:

そのお礼として電動歯ブラシ「イージークリーン - ソニッケアー (HX6511/02)」をいただきましたので、簡単なレポートをしてみたいと思います。

このHX6511/02は何種類か出ているうちの、エントリーモデルという位置づけになります。
そのため対応モードはクリーンモードの1つだけとなります。(その他にはガムケアーモード、リフレッシュモード、センシティブモード、マッサージモード、クリーン&ホワイトモードがあります。)

電動歯ブラシ初心者(私も、普段は手磨き?です)には、値段も5,000円程度で試しやすいのではないかと思います。

まずは充電。これが結構時間がかかります。
説明書を見ると、最初は最低24時間必要とのことです。
なお、充電器は海外でも使えるマルチ電圧(100V〜240V)対応。

電動歯ブラシというと、なんか左右に大きくガタガタと動くイメージを持っていましたが(古い)

スイッチを入れると、軽い振動のみ
カタログによると、毎分約31.000回の超高速振動x幅広い振幅の組み合わせとのこと。

で、使い方は
まず、スイッチを入れる前に、ブラシ部分を数秒間水で濡らします。

これは、超高速振動x幅広い振幅で高速水流を引き起こし、これで歯の隙間の隅々までキレイにさせるため?だと思われます。

で、ブラシヘッドを口の中に入れて(歯磨き粉をつけている場合飛び散らないようにするため)セットしてから、スイッチを入れます。
最初はちょっと慣れるまで時間がかかる?かもしれませんが
ブラシの動きに逆らわずに、少しずつずらしていくのが良いのではないでしょうか

初めて使う時は、イージースタートという機能が作動します。
これは振動に慣れるために通常より弱い力で動作するようになっています。
14回目までこの機能が作動し、15回目からは普通になります。(ただし1回当たり最低1分以上の利用が必要)

(でも複数人で使う場合は、意味がないような...
一応、設定をオンオフにできるようになっているけど...)

磨き時間の理想は2分(手磨きをしているものからすると、ちょっと短い感じがしますが)とのこと。
これを知らせてくれるスマートタイマー機能というのがあります。磨きを開始して2分経過すると自動的に停止してくれます。

さらにカドぺーサー機能というのがあって、
歯を上の右、左、下の右、左と4つのブロックに分けて、それぞれを30秒づつ(合計で2分)効率よく磨けるように、30秒毎にビープ音が鳴るようになっています。

手磨きから移行すると、ついつい力を入れてしまいがちですが、ブラシ圧は手磨きの半分くらいでOKとのこと。

終了したら、ブラシヘッドを洗い流せばOK。このとき電源を入れて振動させながら水で洗い流せばなお良いとのこと。

ブラシの交換時期ですが、約3ヶ月位とのことです。
といっても人によって違ってくるので、青色の毛の部分が白くなってくることで交換時期が分かるようになっているそうです。

替えのブラシは2本と4本があります。(カタログには2本と4本しか載っていませんでしたが、アマゾンで見ると3本というのもありました)ブラシ部分の大きさはスタンダードとミニの2種類

1本当たり1,000円程度してしまうようです。でも3ヶ月もつので...

堅さについては1種類のみのようです。
(普段使っている歯ブラシには、やわらか、ふつう、かたいの3種類があるので、選べるといいかなと思いますが... 手磨きと違ってあまり強く押し当てるものではないので、必要ないのかなぁ...)

また、3色のカラーリングが付属しているので、ご家族で使われる場合でも、間違って使ってしまうことが防げるようになっているそうです。(現物を見ていないのであれなんですが、たぶん替えブラシの下の部分にはめるリングだと思います)

まだ1週間程度しか使っていないので、効果の程はわかりませんが、これならちょっと間食をした時 :wink_wp:にも面倒くさがらずに使えそうです。

コメントを残す

必須欄は * がついています




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)