MacFeeling Blog

マックな感じ …

USBメモリでSSDのファームウェアをアップデート

公開 : | 0件のコメント

この記事は最終更新日から 約3年が経過しているので情報が古い可能性があります。

Mac miniに増設したSSD(CrucialのCT256M4SSD2)

[amazonjs asin="B004W2JL2A" locale="JP" title="Crucial m4 256GB 2.5inch SATA 6Gbit/s CT256M4SSD2"]

ファームウェアのバージョンは「000F」でした。
問題があるファームウェアではなかったのですが、Crucialのページにて「010G」が公開されていたので、アップデートに挑戦

Crucial.com Product Downloads - Firmware Updatesのページから、「Manual Boot File for Windows and Mac」のをダウンロードして、isoイメージをCD-R/RWに焼いて、ドライブにセットして、マックを起動(optionキーを押して)。Windowsと表示されているのを選んでリターンキー。

しかし、ここからDiskが無いと言われて、進むことができず :sad_wp:
どうも、ドライブを選ぶようで、
Power Mac G4で使っていたパイオニアのDVR-110を裸族の頭 IDE+SATA(CRAISU2)|センチュリー(CENTURY)で接続しているのですが、ダメのようです。

諦めきれずに、ググってみると
tangram_pieces: Crucial m4ファームウェアアップデートをUSBフラッシュドライブから実行する(Syslinux)のページを発見!(2014.9.8 現在アクセスできなくなっています。)

なので、Googleのキャッシュのページ。
tangram_pieces: Crucial m4ファームウェアアップデートをUSBフラッシュドライブから実行する(Syslinux)(追記あり)

作成に必要な、SYSLINUX と rEFIt はクルーシャルのフォーラム(M4 Mac firmware upgrade no dvd drive - Crucial Community)からダウンロード。(PMKさんが‎10-19-2011 02:58 PMに投稿しているコメント内にあります。)

あとは、最初のページの手順に従って作成。(ターミナルを使いますが、書かれている通りに行えば特に問題ありません。)
使用したUSBフラッシュメモリは、余っていたADATAのC801というもの。

Apple Wireless Keybordを使っている場合は、USB接続のキーボードにしておく

あとは、USBフラッシュメモリをセットして、マックを再起動(optionキーを押して)
一覧から「rEFIt」を選択しリターンキー
ssd_firmware00

次に、SYSLINUXの方を選択してリターンキー

さらに、CrucialFirmwareを選択してリターンキー
ssd_firmware02

アップデートが開始されます。問題なければ「yes」と入力してリターンキー

アップデートが完了したら、電源ボタンを押してMacを終了?

確認は、「ユーティリティ」»「システム情報.app」を起動して、
左のリストから「ハードウェア」»「シリアルATA」、右のリストからSSDを選択すると、リビジョンに記載されています。

コメントを残す

必須欄は * がついています



LMB^Box Smileys 3.2 for WordPress

WordPress Smileys

:smile_wp: :biggrin_wp: :sad_wp: :surprised_wp: :eek_wp: :confused_wp: :cool_wp: :lol_wp: :mad_wp: :razz_wp: :redface_wp: :cry_wp: :evil_wp: :twisted_wp: :rolleyes_wp: :wink_wp: :exclaim_wp: :question_wp: :idea_wp: :arrow_wp: :neutral_wp: :mrgreen_wp:

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)