MacFeeling Blog

マックな感じ …

UA-4FXのYosemite対応ドライバが公開

公開 : | 0件のコメント

この記事は最終更新日から 約6年が経過しているので情報が古い可能性があります。

最初はUA-4FXには対応しないとなっていたのですが、Mac OS X への対応状況 (OS X Yosemite... :: お知らせ :: サポート :: ローランドのページが更新されて、突然対応ドライバが公開されていました。

OS X MavaricksからアップしたUA-4FXのドライバは、Yosemiteでも使えているような感じだったのですが...正式対応はやはり嬉しい :clap_tb:

UA-4FX Driver Ver.1.0.1 for OS X 10.10 :: UA-4FX :: ダウンロード :: サポート :: ローランド

Mac → UA-4FX → SA-36A → スピーカーという構成で使っています。

sa36a05

一応インストール手順

  1. すべての USB ケーブルをはずした状態でコンピューターを起動。(キーボード、マウスを除く)
  2. 「UA4FX_USBDriver1010.pkg」をダブルクリックしてインストール開始。
  3. インストールが完了したら、[再起動]をクリックしてコンピューターを再起動。
  4. UA-4FXを接続して設定を確認。
    ua-4fx_yosemite

コメントを残す

必須欄は * がついています




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)