MacFeeling Blog

マックな感じ …

モーショントラッキングでモザイクを [DaVinci Resolve 14編]

公開 : | 0件のコメント

せっかく動画をとっても、他の人が映っているとネットにアップするには色々と問題が出てきます。

なので、モザイクをかけなければなりませんが、対象が動いている場合、モーショントラッキング機能があるソフトでモザイクをかけていくのが楽です。
マックなソフトはないかとググってみたところ、Blackmagic Design社のDaVinci Resolve 14というのが、無料で使えるとのことで、早速ダウンロードしてみました。(App Storeにもありますが、今回は直接こちらのをダウンロードして使いました)

ダウンロードしてzipファイルを解凍したら、「DaVinci_Resolve_14.3_Mac.dmg」をダブルクリック、中にある「Install Resolve 14.3.pkg」をダブルクリックしてインストールを。

「アプリケーション」フォルダ »「DaVinci_Resolve」フォルダ内の「DaVinci_Resolve.app」を選択して起動。

起動して、メニュー等が日本語になっていなければ、まずは日本語化。

参考サイト
【Davinci Resolve】使い方解説「セッティング・素材の読み込み・編集・レンダリング」 | | 動画素材.com/ブログ

プロジェクトの一覧が表示されている画面で「Untitled Project」をダブルクリック。
アプリケーションメニューから「Preferences」を選択。
「User」タブ »「UI Settings」 »「Language」のポップアップメニューで「日本語」を選択して、右下の「Save」ボタンをクリック。
「DaVinci Resolve 14」を一旦終了して、再び起動すれば。日本語化されています。

プロジェクトの一覧が表示されている画面で先程の「Untitled Project」が「名称未設定のプロジェクト」になっているのでこれをダブルクリック。

素材は、Free stock videos – Pexels Videosこちらのものを利用してみました。

動画を読み込むために、下のメディアを選択。

左上のリストから読み込む動画を選択して、下のメディアプールへドラッグ&ドロップ

「クリップのフレームレートと現在プロジェクトの設定のフレームレートが一致していません。」と言われたら、「変更」ボタンをクリック。(本当は事前に設定をしておくのが良いのですが...)

編集を行うので、下の「エディット」を選択。

左上から、右下のタイムラインへドラッグ&ドロップ

今回は中央の黒い服の人の顔にモザイクをかけてみることにします。
モザイクはクリップ単位?でかけるようなので、途中で前にいる白い服の人の影に入ってしまうところと出てくるところ、それとフレームアウトする箇所でクリップを分割します。

再生しながら、さらにキーボードの左右矢印キーで調整しながら、白い服の人の影に入るところで、「タイムライン」メニューの「クリップを分割」を選択。
さらに白い服の人の影から出てくるところで、「クリップを分割」を選択。
最後にフレームアウトするところで、「クリップを分割」を選択。
都合4つに分かれます。

1つ目と3つ目のクリップで黒い服の人の顔にモザイクをかけます。
下の「カラー」を選択。

新しいノードを追加して、それに対して変更を行います
1つ目のクリップを選択して「ノード」メニューの「シリアルノードを追加」を選択します。

追加した「ノード02」を選択。下の「ウインドウ」を選択して、その中の「カーブ」を選択。黒い服の人の顔に合うようにクリックしていきます。(なるべく顔全体が映っている、設定しやすい画面で行ってください。)

大まかにクリックしていき、最初のポイントをクリックするとマスクが完成します。そのあとポイントを移動したり、線の部分をクリックしてポイントを新たに追加して微調整していきます。

「トラッカー」を選択。順方向、逆方向にトラッキングボタン(トラッカーの方にあるボタンを使うこと)やキーボードの左右矢印キーを使って移動し、作成したマスクが黒い服の人の顔に追従するかを確認します。

もしマスクがずれてしまっている箇所があったら、「クリップ」を「フレーム」にして修正します。(「クリップ」のまま修正をすると、クリップ全体に反映されてしまいます)

修正した箇所には印が付きます。

こんな感じになります。

モザイクを設定します。
右上の「OpenFX」をクリック » ライブラリ » ResolveFX ブラー » ブラー(モザイク)を、ノード02にドラッグ&ドロップします。

OpenFXの設定でピクセル数のスライダー等を動かして、モザイクを調整します。

同じように3番目のクリップにもノードを追加して、モザイク処理を行います。

すべてが完了したら、書き出し処理を行います。
下の「デリバー」を選択。

左上、「ブラウズ」ボタンをクリックして、書き出し先フォルダを選択してください。

「ビデオ」「オーディオ」タブにて設定をしてください。

「ファイル」タブにて、ファイル名を設定してください。

書き出しの設定が完了したら、「レンダーキューに追加」をクリック

右上のレンダーキューに追加されるので、「レンダー開始」をクリック。

モザイク処理の完成です。(ちょっと仕事が雑ですが :wink_wp:

環境
Mac mini (Late 2012) SSD+HDD(Not Fusion Drive)
macOS High Sierra 10.3.3

コメントを残す

必須欄は * がついています



LMB^Box Smileys 3.2 for WordPress

WordPress Smileys

:smile_wp: :biggrin_wp: :sad_wp: :surprised_wp: :eek_wp: :confused_wp: :cool_wp: :lol_wp: :mad_wp: :razz_wp: :redface_wp: :cry_wp: :evil_wp: :twisted_wp: :rolleyes_wp: :wink_wp: :exclaim_wp: :question_wp: :idea_wp: :arrow_wp: :neutral_wp: :mrgreen_wp:

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)