MacFeeling Blog

マックな感じ …

macOS Montereyの起動可能なインストーラー作成

公開 : | 0件のコメント

macOS Montereyが公開されたので、インストールする前に起動可能なインストーラを作成しておくことにしました。(備忘録)

手順はmacOS Big Surの時と同じです。

macOS Montereyのダウンロードが完了すると、インストールのプロセスが開始されるので、一旦終了してください。

使用するUSBメモリは16GBのものを使いました。

USBメモリをマックのUSBポートに接続。

ターミナル.appを起動したら、「sudo 」と入力。(最後に半角スペースがあります)

Finder上で、「macOS Montereyインストール.app」を右クリック、パッケージの内容を表示を選択。

Contents/Resources/createinstallmediaをターミナルのsudo の後ろにドラッグ&ドロップすると、パスが補完されます。

sudo /Applications/Install\ macOS\ Monterey.app/Contents/Resources/createinstallmedia

この例ではTOSHIBAという名前でマウントしたので、(違う場合はTOSHIBAの部分を変えてください)
半角スペースの後に「--volume /Volumes/TOSHIBA/」と入力(volumeの頭のハイフンは2つあります。また入力の途中でタブキーを押せばその都度補完されます)

sudo /Applications/Install\ macOS\ Monterey.app/Contents/Resources/createinstallmedia —volume /Volumes/TOSHIBA/

問題なければ、リターンキーを押してください。
管理者パスワードを聞かれたら、入力してリターンキー

If you wish to continue type (Y) then press return:

と聞かれたら、「Y」と入力してリターンキー

If you wish to continue type (Y) then press return: Y

あとは完了するまでじっとガマン

Erasing disk: 0%... 10%... 20%... 30%... 100%
Making disk bootable...
Copying to disk: 0%... 10%... 20%... 30%... 40%... 50%... 60%... 70%... 80%... 90%... 100%
Install media now available at "/Volumes/Install macOS Monterey"

で、無事終了。

exit」と入力してリターンキー
ターミナル.appを終了してください。

出来上がったUSBメモリのインストーラーで起動できるかを必ず確認してください。

Apple シリコンのマックの場合

  1. インストールする macOS のバージョンと互換性のある Mac をインターネットに接続し、起動可能なインストーラをその Mac に接続します。
  2. Mac の電源を入れ、起動オプションのウインドウが表示されるまで、電源ボタンを押し続けます。起動オプションのウインドウには、起動可能なボリュームが表示されます。
  3. 起動可能なインストーラを含むボリュームを選択し、「続ける」をクリックします。
  4. macOS インストーラが開いたら、画面の案内に従います。(インストールを続けないならここで終了)

コメントを残す

必須欄は * がついています




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)