MacFeeling Blog

マックな感じ …

iMacとREGZAを接続(改訂版)

公開 : | 0件のコメント

この記事は最終更新日から 約10年が経過しているので情報が古い可能性があります。

REGZAが対応している動画形式はMPEG-2のみです。

そのためだけに、わざわざ変換してLAN上のHDDに格納するのは面倒なので、mp4等のものをそのまま再生できる方法はないかと思い、ググってみると、トランスコード機能があるソフトを使えばなんとかなりそうな感じ。

その中でもPS3 Media Serverが動きそうなので、設定ファイルを編集して試したところ、REGZAからは認識されるものの、うまくトランスコードが動かないらしく、残念ながら途中で挫折 :cry_wp:

ふと、マックとREGZAをケーブルで接続して、サブモニターとして認識させて、そちらに表示すればいいのではと考え、早速実行

まず、私の iMac (Early 2008) はMini-DVIなので、これをHDMIに変換するものが必要になります。
(現行のマックはMini DisplayPortです。お間違えなく)

ググってみたところ、秋葉館とR o y d s(ロイズ)にて、変換アダプタが販売されていました。

秋葉館のは1,580円+送料
Mini DVI to HDMI Adapter [MDVI-M-HDMI-F] | 秋葉館オンラインショップ

楽天市場のR o y d s(ロイズ)のは987円+送料(メール便210円に対応)

ということで、楽天市場のR o y d s(ロイズ)にて注文(メール便)

これに HDMIケーブル
iMacとREGZAは直線では2m程度なのですが、壁を這わせて迂回させると8m程度は必要になってしまうので、10mのものを探して、ホーリック HDM100-904SV [10m シルバー] にしました。

購入は、楽天市場のHi.PREGIOで2,600円 (税込、送料込)

Mini-DVI→HDMI変換アダプタをHDMIケーブルと接続

iMacに接続

Mini-DVI→HDMI変換アダプタは音声には対応していないので(現行のMini DisplayPortはHDMI変換アダプタで音声出力にも対応しているそうで羨ましい)、別途音声を出力しなくてはなりません。せっかくiMacがデジタルオーディオ出力に対応しているものの、REGZAの方にデジタルオーディオ入力端子がないため、アナログでの出力 USB接続したUA-4FX経由に変更

オーディオケーブルは以前使っていた7mのものがあったので、ピンをステレオミニに変換するアダプタ(フジパーツ AD-114)を2つ購入して両端に接続(マック側はUSB接続したUA-4FX経由に変更

REGZAに接続

REGZAの入力切替でHDMI 3を選択して、Macの環境設定を開くと無事認識されていました。

早速テストを

映像はYoutubeでHDのものを落として(Safariの機能拡張FastestTubeを利用)再生。ケーブルが10mもあるのを考えれば、まあまあいいんじゃないでしょうか
しかし、いかんせん音が小さ過ぎる... それに悪い

それじゃ音はマックから出した方がイイかもと試したら、映像と音がずれてしまう...10mもあるから当然か...

で結局、スカパーからの音声取り込みに使っているUA-4FX経由にしてみたら、改善されました。

あとは、サブディスプレイのREGZAの方に常時動画をフルスクリーンで表示して、ソフトのリスト等の画面はマック側に表示しておくようなものを探してみようと思っています。

追記
MPlayer OSX Extendedが目的に近そうです。

設定はこんな感じ

コメントを残す

必須欄は * がついています




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)