MacFeeling Blog

マックな感じ …

Raspberry Piのセットアップ(USBメモリ認識編)

公開 : | 0件のコメント

Raspberry Piのセットアップから、少し時間が経ってしまいましたが、備忘録を
今回はUSBメモリ認識編

motionを導入するにあたって、motionが作成する画像の保存先を外付けのUSBメモリにするための設定をしました。

参考ページ
rasbianにUSBメモリを認識させる - Qiita

ここも参考ページのままなのですが、一応説明を :wink_wp:

まず、Raspberry Piが起動している場合は、一旦終了させてから
USBメモリをRaspberry Piに接続。

USBメモリは飛び出している部分が小さいものが良かったので、SanDiskの16GBのもの(SDCZ33-016G-B35)を使いました。

Raspberry Piを起動させたら、
Macのターミナルを起動して、sshにて接続

まず、USBメモリが認識されているかを確認します。(入力するのは「」の中)
sudo fdisk -l」と入力してリターンキー

最後の方に /dev/sda1 というのが該当するもののようです。
以下の例では /dev/sda1 で進めていきます。(環境によっては違うかもしれませんので、その場合は置き換えてください。)

パーティションを作成します
sudo fdisk /dev/sda1」と入力してリターンキー

Command (m for help):となったら新規の作成なので
n」と入力してリターンキー

Partition type
Select (default p):となったら
p」と入力してリターンキー

Partition number (1-4, default 1):となったら
1」と入力してリターンキー

First sector (2048-30529535, default 2048):となったら
2048」と入力してリターンキー

Last sector, +sectors or +size{K,M,G,T,P} (2048-30529535, default 30529535):となったら
30529535」と入力してリターンキー

Command (m for help):となったら書き込みをするので
w」と入力してリターンキー

再起動するので
sudo reboot」と入力してリターンキー

Raspberry Piが再起動したら、Macのターミナルを起動してssh接続をする。

パーティションが作成されているかを確認します。
sudo fdisk /dev/sda」と入力してリターンキー

Command (m for help):となったら
p」と入力してリターンキー

/dev/sda1 2048 30529535 30527488 14.6G 83 Linux
のようになっていればOKです。

Command (m for help): となったら
q」と入力してリターンキー

フォーマットします。

sudo mkfs.ext4 /dev/sda1」と入力してリターンキー

USBメモリを起動時にマウントする

UUIDの確認(後で使います)
sudo blkid /dev/sda1」と入力してリターンキー

UUID="xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx"の部分をテキストエディタにコピーしておきます。

マウント用ディレクトリを作成
ここでは、参考ページと同じく/mnt/usb1というのにします。

sudo mkdir /mnt/usb1」と入力してリターンキー

設定ファイルを編集
sudo nano /etc/fstab」と入力してリターンキー

以下の行を追加
UUIDの確認で表示された、UUID="xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx"を使って、最後の#の行の前に追加。

問題なければ、「controlキー + o
File Name to Writeと下に表示されたらリターンキー
controlキー + x」で編集を終了します。

再起動します。
sudo reboot」と入力してリターンキー

Raspberry Piが再起動したら、Macのターミナルを起動してssh接続をする。

マウントされているかを確認します。

df」と入力してリターンキー

/dev/sda1 14892976 37264 14076144 1% /mnt/usb1
のようになっていればマウントされています。

これでmotionインストールに向けての準備が完了しました。

次回、motion編です。

補足
Raspberry Piの終了について
sudo shutdown -h now」と入力してリターンキー

緑色のランプが何度か点滅して、赤色のランプのみの点灯になれば、コンセントから抜いて大丈夫です。

コメントを残す

必須欄は * がついています



WordPress Smileys

:) :D :( :o 8O :? 8) :x :P ;) :!: :?: :| :lol_wp: :redface_wp: :cry_wp: :evil_wp: :twisted_wp: :rolleyes_wp: :idea_wp: :arrow_wp: :mrgreen_wp:

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)