MacFeeling Blog

マックな感じ …

フィリップス ヘッドフォンマラソン 第2回「SHE9700」

公開 : | 0件のコメント

この記事は最終更新日から 約10年が経過しているので情報が古い可能性があります。

フィリップス ヘッドフォンマラソン、第2回目のモニター商品は、SHE9700(想定価格 3,980円)です。

フィリップス公式サイト

この記事は、「フィリップスヘッドフォンマラソン」に参加し、フィリップスより商品提供をうけてモニターしています。

まずは、セールスポイント

• 人間の耳を徹底的に研究した結果生まれた角度付きチューブヘッドフォン。 すべての耳に自然で快適にフィットします。正確なサウンドを鼓膜にダイレ クトに伝えることにより、歪みのないサウンドを実現します。

• 角度付きアコースティックパイプで指向性のある正確なサウンドを実現 • 優れたノイズ遮断効果により、小さい音量で高音質を実現 • 正確に調整されたスピーカーにより、広い周波数帯域でサウンドを再現 • ターボバスのエアベントで、深みのある豊かな低音を再現

長時間使用可能
• 驚くべき快適さを実現する極めて柔らかいゴム製イヤーキャップ • 柔らかいシリコンゴム製イヤーキャップで、長時間快適に• 耳内部の構造に基づいたデザインで、快適にぴったりとフィット

• 延長コードでケーブルを長くし、便利に利用することが可能 • ファスナー付きのハンディポーチで、ヘッドフォンとケーブルをきれいに収納

次は主な仕様

サウンド
• 音響システム : オープン
• 磁気タイプ : ネオジウム
• ボイスコイル : CCAW
• ダイヤフラム : マイラードーム
• 周波数特性 : 6~23,500Hz
• インピーダンス : 16 Ω
• 最大入力 : 50 mW
• 感度 : 103 dB
• スピーカー直径 : 8.6 mm
• 種類 : ダイナミック

接続性
• ケーブル接続 : 両出し、左右非対称
• ケーブル長 : 0.6 m + 0.6 m
• コネクター : 3.5 mm ステレオ
• コネクターの仕上げ : 24 金メッキ

早速、パッケージを

大変おしゃれなパッケージなのですが、一言。
イヤフォンを選ぶに際して、音が一番重要なのはもちろんですが、ケーブルの長さや形状というのも重要です。
で、問題なのはこのパッケージ、ケーブル長の記載(後で追記しますが、左右非対称も)がすごく分かりづらいのです。
なんと正面の左上奥(赤で囲っている部分)に書かれて(0.6m)いるのですが、シルバーの背景に黒で小さく描かれているため、非常に見づらいです。(改善を希望)

最初からこの商品を指名買いする人には問題ありませんが、店頭で選ぶ時には、よく見えない(分からない)ことがマイナスになってしまわないか心配です。

開封です。
SHE3580シリーズと違い、上部のシールをはがせば、簡単に取り出すことが出来ます。

本体とキャリングケースに分けて

本体はケースにしっかりと固定されていて、ケーブルをちょっと持ち上げただけでは外れそうにないので、ケース下から押し出すようにして外しました。

コードはSHE3580シリーズと比べると細いです。
細いけど、そんなにしなやかな感じはしません。

左右のコードの長さは仕様に書かれているように、非対称です。
コード長と同じく、この左右非対称の表記も同じ場所に書かれているので見えにくいです。(改善を希望)

分岐部分からの長さ
短い方(左)は約12cm
長い方(右)は約51cm

コードの長さは、0.6mつまり60cmとなっていますが、短い左側で約67cmありました。左右の分岐部分までは約54cm(プラグ先端から)

もう片方のイヤーキャップはキャリングケースの中でした。最初から付いているものを含めて3種類あります。
左は延長ケーブル(0.6m)

その延長ケーブルですが、仕様では0.6m、つまり60cmのはずですが、端から端まで計っても57cmしかありません。

3cmはどこに行ったのだろうか?
察するに、本体の長さ(短い左)が約67cm程合ったので、延長接続してプラグやプラグの重なる部分を除けば、1.2mになるので、表記上そのようにしたものと思われます。たぶん

角度付きアコースティックパイプですが、上から見るとこんな感じで角度が付いています。(写真は左耳用)

イヤーキャップ柔らかすぎると思ったけど
耳に付けた感じは、SHE3580と同じでフィットします。
外部音の遮断性も結構高いです。

町中を歩きながら使うことはない(遮音性が高く危険)ので、動きがある時のフィット感は分かりません。
でも、しっかり装着されているので、自分合ったイヤーキャップを装着すれば、普通に歩く分には抜け落ちたりしないと思います。

iMac、iPod touch、iPod shuffleで、CDをiTunesで取り込みAAC 256kbpsで変換した主にスムースジャズ系のものを聞いてみました。

音質ですが、音の伸びというか深みが結構あるような感じがします。

記事掲載時点では、アマゾンで3,000円を切る価格になっていますが、キャリングケースが付いてこの価格は、大変コストパフォーマンスが高いのではないでしょうか?

総合評価
「着け心地」『★★★★☆』
「音質」『★★★★☆』

フィリップス ヘッドフォンマラソン 第1回「SHE3580」シリーズ | MacFeeling Blog

コメントを残す

必須欄は * がついています




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)