MacFeeling Blog

マックな感じ …

Throws SPAM Awayを導入

公開 : | 0件のコメント

この記事は最終更新日から 約6年が経過しているので情報が古い可能性があります。

WordPressで運用しているこのブログ。

9月頃からコメントスパムの数がいきなり増えてきました。
Akismetがほとんど防いでくれているので問題はないと思っていたのですが、BackWPupでバックアップしているデータのファイルサイズがとんでもないことになっていることに先日気がつきました。

で、Throws SPAM Awayというプラグインを導入してみることに

日本語判定(日本語を含むかどうか)  コメント欄に日本語文字列が含まれていないと投稿出来ない・・・  といってもエラーにするのではなく「無視」して何事もなかったようにもとの記事に戻ります。

しばらくこれで様子を見ることに

WordPress › Throws SPAM Away « WordPress Plugins

2014.10.12追記
設定に溜まったコメントスパムはありませんでした。
ただし、wp_tsa_spamテーブルの容量が徐々に増えてるので、今後どの程度までなるのかちょっと不安

Throws SPAM Awayの設定 » スパムデータベース » 「スパムコメント投稿情報を保存しますか?」のチェックを外して、さらに「スパムデータを表示する期間」を最低の7日にしてみることに

2014.10.14追記
Throws SPAM Awayの設定 » スパムデータベース » 「スパムコメント投稿情報を保存しますか?」と「スパムデータを表示する期間」の設定をデフォルトに戻して、BackWPupのバックアップからwp_tsa_spam テーブルを除外することにしました。

コメントを残す

必須欄は * がついています




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)