MacFeeling Blog

マックな感じ …

Yosemiteにしたら

公開 : | 0件のコメント

この記事は最終更新日から 約6年が経過しているので情報が古い可能性があります。

その1
VMware Fusion 5がとうとう動かなくなってしまった

VMware Fusion 7へのアップグレード価格は、7,574円もする
Parallels Desktop 10 for Macのダウンロード版が、今なら4,900円ですよとのメールが来たので、お試し版をダウンロードして、VMware Fusion 5のファイルを読み込もうとするも、エラーがでてしまう。
暗号化はしていないし、2GBに分割しているファイルは統合してあるし、もしかしてYosemiteにアップした際にファイルになにか問題が出たのかと、VMware Fusion 7のお試し版で試してみるも、問題なく起動する。

仕方がないので、新規にインストールをしてみると、今度はJISキーボードがUSと認識されてしまっている。
ブートフラグに「devices.keyboard.id = 1」を入れて再起動してみるも、変化なし

まあ、Snow Leopard Serverしか使わないので、どうしてもという時は、外付けHDDにコピーしたMavericksからVMware Fusion 5を起動すればいいかぁ...

2014.11.28追記
VMware Japan オンラインストアにて、BLACK FRYDAY SALE(30%OFF)が行われていたので、これ以上安くなることはないかも知れないので、7へアップしました。

その2
Mac OS X への対応状況 (OS X Yosemite (10.10) 情報を公開) :: お知らせ :: サポート :: ローランドによれば、いよいよ「UA-4FX」が非対応となってしまった模様
でもMavericksから上げたUA-4FXのドライバは動いているような感じ...

Mac → UA-4FX → SA-36A → スピーカーという構成。

sa36a05

2014.11.26追記
対応しないとなっていましたが、なんとなんとYosemite対応ドライバが公開されていました。 :biggrin_wp:
UA-4FX Driver Ver.1.0.1 for OS... :: UA-4FX :: ダウンロード :: サポート :: ローランド

その3
相変わらず、Dockのインジケーターが見にくいので、MavericksでDockのインジケータを変更 | MacFeeling Blogでとった方法を今回もと思ったら、indicator_medium.pngがありまへんがなぁ

仕方がないので、アクセシビリティ » ディスプレイ » 透明度を下げるにチェックを入れてお茶を濁すことに...

コメントを残す

必須欄は * がついています




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)