MacFeeling Blog

マックな感じ …

macOS Mojave 10.14でも、キヤノンのプリンタMP640が使えるように

公開 : | 0件のコメント

この記事は最終更新日から 約1年が経過しているので情報が古い可能性があります。

2019.8.8記

CANONのMP640ですが、とうとう動かなくなりました。
いつごろ購入したのか保証書を見てみたらなんと2010年6月でした。9年間よく頑張ってくれました。

新しいのはCANONのTS6230。レーベル印刷がなくなりましたが、コンパクトです。ただしトレイが飛び出しているのはなんだかなぁですが...

macOS Sierraから対応ドライバがリリースされなくなったキヤノンのプリンタMP640。

macOS High Sierraでも、CanonのMP640が無事使えるように! | MacFeeling Blogにあるように、macOS High Sierraでも使えていました。

今回、macOS Mojaveをクリーンインストールして、同じ方法で使えるかどうか試してみました。

条件

  1. プリンタのドライバがあるOSのバージョンを動かすことができるマックが別にあること。(Windowsでも可能だと思います。)
  2. そのマックに接続したプリンタと、ドライバがないマックでプリンタの共有ができること。つまり同一ネットワーク(LAN)上にあること。

同一ネットワーク(LAN)上にある10.10で運用しているMac mini(キヤノンのプリンタMP640のドライバはインストール済み)の方で、システム環境設定 » プリンタとスキャナの「ネットワークでこのプリンタを共有」チェックボックスにチェックを入れて、macOS MojaveをインストールしているMac miniの方で、システム環境設定 » プリンタとスキャナの画面で「+」ボタンをクリックして表示されたリストから10.10で運用しているMac miniの共有プリンタを選択して、準備が整って「追加」ボタンが押せるようになったら「追加」ボタンをクリックして追加。

この状態で、Mac miniから » MacBook Air » MP640で、印刷が問題なくできました。
替えのインクが無くなるまでは、面倒だけどこれで使っていくかとあきらめて、macOS High Sierraの環境構築をしていて、ふとなにかアップデートは来ていないかと、App Store.appを起動したところ、「キヤノン・インクジェット・プリンタ・ソフトウェア・アップデート 3.4」というのが現れました。

これはもしかして、また使えるようになるかも! :smile_wp:

アップデートをインストール後に、システム環境設定 » プリンタとスキャナで、追加した「MacBook Airの共有プリンタ」を選択したら、「-」ボタンをクリックして削除。
MP640の電源を入れてスタンバイ状態に。
「+」ボタンをクリックすると、最初の時とは違って、Bonjourの後にマルチファンクションというのが付いているのが現れました。

しばらく待っていると、今度はCanon IJ Networkというのも表示されました。

それぞれを選択すると、問題なくドライバでMP640が選択されました。
とりあえず「追加」ボタンをクリックして両方とも追加。


試しに、メールソフトからの印刷をしたところ、問題なくできました。
プリンタ名の最後に2となっているので、Canon IJ Networkの方かな?

スキャナの方はMacと有線接続して、イメージキャプチャ.appから利用できます。

2017-09-27追記
無線LAN接続でも、使えました。(共有の方に表示されます。)

プレビューだと、ファイルメニュー » スキャナから読み込むから利用できます。

これで、MP640まだまだ現役で使えます。バンザ〜イ :clap_tb:

コメントを残す

必須欄は * がついています




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)